2006年02月27日

フットサルの基本ルール

次にフットサルのルールについていくつか紹介したいと思います。主にサッカーと比較して、フットサル特有のルールについてです。 
サッカーのルールは経験上知っていましたが、フットサルのルールはよく知らなかったため、7年間サッカーをしていましが、最初は 戸惑う部分はたくさんありました。ということで、フットサルの試合をする前には是非ご参考にして頂ければと思います!


接触プレーについて

フットサルでは、スライディングタックル、ショルダーチャージ等の接触プレーは禁止です。
と言っても、実際は多少チャージしたり、ボディコンタクトあっても反則にならなかったりしますね。 まあ実際に見たことはないですが、さすがにスライディングタックルすれば即ファールでしょうね。。。


退場プレーについて

退場プレー(レッドカード)をした場合には、サッカーでは二度とピッチに戻れず、11人以下で 試合を続けることになりますが、フットサルの場合は、2分後にメンバーを補充することが可能です。
1人退場したとして、10人対11人ならそれほど大きな差にならないが、4人対5人となると 1人いなくなった負荷がかなり多くなってしまうため、きっとそのようなルールになっているのじゃないかなあと思います。


4秒ルールとは?

これがフットサルを始めて、意外に一番難しいところではないかと個人的に思います。
フットサルでは、ピッチからボールが出たとき、サッカーのようにスローインはなく、キックインという形で、プレーを再開します。その場合にボールを置いてから、4秒以内にボールを蹴らないと相手のボールのなってしまうというのがこのルールです。

ゴールキーバーを除いて3人の味方の誰かにすばやく出す必要があるため、慣れていないと味方を探している 間に4秒たってしまったり、急いで蹴ろうとしてラインより内側にボールおいてキックインしたためにファールとなり相手のボールになってしまったりします。

実際に私自身もよく内側にボールをおいてキックインしてしまうことがけっこうありました。 ただ、フットサル初心者(管理人もまだまだそうですが)が参加するような大会では、多少甘く見てくれるので、 それほど心配しなくても大丈夫かなと思います。
posted by サッカー野郎 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | フットサル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。