2006年02月28日

フットサルのポジション

フットサルのポジションに関してですが、サッカーとは異なり11人もいませんが、フットサルにもちゃんとポジションというものはあります。今回紹介させて頂くのは必ずしもこの形ではありませんが、基本的なものだと思います。

各ポジションと役割について

基本的にフットサルもサッカーと同じで、攻める人(FW)、中盤でゲームの
バランスをとる人(MF)、守る人(DF)、ゴールを守る人(GK)はだいたい決まって
います。ただ、呼び方が異なっているために以下で紹介してみたいと思います。

GK(ゴールキーパー)
これはサッカーと同じですね。手を使うことができる選手でゴールマウス
を守ります。ただし、手を使えるのはペナルティエリア内だけです。
またゴールキーパーはゴレイロと呼ばれることもあるそうです。

FIXO(フィクソ)
基本的には主に守備をするためのポジションです。
人数の少ないフットサルの性質上か、サッカーでいうディフェンシブハーフの
ようにゲームを組み立てるような役割をすることも多いようです。

ALA(アラ)
中盤で攻守のバランスをとる役割をしていて、サッカーでいうMFの位置に
あたり一番運動量が必要となるポジションです。
一般的にはこのように左右に位置されると思いますが、システムによって
は別の位置にポジションをとることもあるようです。

PIVO(ピヴォ)
一番相手のゴールよりにいる選手ということで、基本的にはゴールを狙う
役割としてポジションをとっています。
サッカーのFWのように飛び出してゴールというのは、フットサルではあまり
ないため、ポストプレーのような役割をすることが多いようです。


futsal_pos.gif

posted by サッカー野郎 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | フットサル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。