2006年06月19日

日本最終戦にわずかな希望を残す

先ほど終了した日本代表対クロアチアの試合は0対0と引き分けでした。
この試合は確実に勝たなければいけない試合でしたが、残念ながらの引き分けです。。。

この試合を見て感じたのが何か形にこだわっていて泥臭いプレーでも1点とるという気持ちが感じられませんでした。
後半も残りわずかでつないで攻めててもしかたないでしょう!?
後はこういう気候のなか精度の高いパスでまわすなんてなかなか難しいのですからもうちょっと体ごとゴールに入れるぐらいの勢いで攻めてほしかったです。
そういうことを考えると巻を出したほうがよかったんじゃないの??というのが個人的な意見ですね。

それにしてもあの川口のPKセーブはすごかった。あーまたこれで1対0とかで負けてしまうのか、、、という気持ちがよぎりました。

今日の試合を見て、テクニックとかそんなのではなくハートで戦う試合のときにしっかり戦えるのは中田、中澤・・・ぐらいかって思いました。

もう日本が予選突破するには、この後のブラジルとオーストラリアの試合でブラジルがボロ勝ちして、日本戦はスタメン総入れ替えぐらいしかないですね・・・
posted by サッカー野郎 at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ 2006
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19484115

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。