2006年02月28日

フットサルのポジション

フットサルのポジションに関してですが、サッカーとは異なり11人もいませんが、フットサルにもちゃんとポジションというものはあります。今回紹介させて頂くのは必ずしもこの形ではありませんが、基本的なものだと思います。

各ポジションと役割について

基本的にフットサルもサッカーと同じで、攻める人(FW)、中盤でゲームの
バランスをとる人(MF)、守る人(DF)、ゴールを守る人(GK)はだいたい決まって
います。ただ、呼び方が異なっているために以下で紹介してみたいと思います。

GK(ゴールキーパー)
これはサッカーと同じですね。手を使うことができる選手でゴールマウス
を守ります。ただし、手を使えるのはペナルティエリア内だけです。
またゴールキーパーはゴレイロと呼ばれることもあるそうです。

FIXO(フィクソ)
基本的には主に守備をするためのポジションです。
人数の少ないフットサルの性質上か、サッカーでいうディフェンシブハーフの
ようにゲームを組み立てるような役割をすることも多いようです。

ALA(アラ)
中盤で攻守のバランスをとる役割をしていて、サッカーでいうMFの位置に
あたり一番運動量が必要となるポジションです。
一般的にはこのように左右に位置されると思いますが、システムによって
は別の位置にポジションをとることもあるようです。

PIVO(ピヴォ)
一番相手のゴールよりにいる選手ということで、基本的にはゴールを狙う
役割としてポジションをとっています。
サッカーのFWのように飛び出してゴールというのは、フットサルではあまり
ないため、ポストプレーのような役割をすることが多いようです。


futsal_pos.gif


サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | フットサル

2006年02月27日

サッカーのルールとの違いは?

若干サッカーのルールとは異なっている部分もありますので、ここでは一部サッカーの場合と比較して違うルールについて紹介します。


オフサイドについて

フットサルでは、オフサイドのルールはありません。
そのためずっとゴール前でボールが来るの待っていて、ボールが来たら シュートというのもありです。

オフサイドのルールについてご存知ない方は参考までに 下の図でオフサイドでファールになる場合の例を挙げてみました。 今回の例では、同じ色の●が同じチームの選手だと考えてください。

オフサイドでファールがとられる場合は、自分がボールを貰うとき、 敵チームの選手が自分より前に2人以上いない場合です。
下図の例では、赤色の選手がパスを出したときに、ボールを受け取ろうとしている選手の前に青色の選手が1人しかいないため、オフサイドになります。

オフサイドのファールになるのは、ボールを受け取った状態に下の図のように なった場合ではなく、パスを出す選手がボールを蹴った瞬間に下の図のようになった場合になります。

offside.gif



バックパスについて

サッカーの場合、ゴールキーパーにバックパスした場合は、キーパーは手をつかってはいけないというような ルールがありますが、フットサルの場合は、一度敵陣にボールが移動していない状態で、キーパーにバックパスをするとファールとなり、その場所から敵チームのフリーキックになります。

このルールもフットサルに慣れていないとついやってしまうことがあります。。。
このような状況でバックパスをされたキーパーは、ボールに触るとファールで、ゴール付近からのフリーキックになるか、 ゴール枠に微妙に入ってきそうかそうでないかぐらいのときに、ボールに触れずピッチからボールがでるのを見送るか というような難しい選択にあってしまいます。

まあ慣れないうちは下手にバックパスをするよりもとりあえず、前に蹴ってしまえばいいのかな?と思います。


キックオフからの直接ゴールは?

サッカーの場合は、間接フリーキックと同じ扱いで、キックオフからゴールを決めることはできませんが、フットサルの場合は、キックオフから直接ゴールすることもできます。
実際ピッチの広さからサッカーで狙っても入らないような気がしますが。。。


サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | フットサル

フットサルの基本ルール

次にフットサルのルールについていくつか紹介したいと思います。主にサッカーと比較して、フットサル特有のルールについてです。 
サッカーのルールは経験上知っていましたが、フットサルのルールはよく知らなかったため、7年間サッカーをしていましが、最初は 戸惑う部分はたくさんありました。ということで、フットサルの試合をする前には是非ご参考にして頂ければと思います!


接触プレーについて

フットサルでは、スライディングタックル、ショルダーチャージ等の接触プレーは禁止です。
と言っても、実際は多少チャージしたり、ボディコンタクトあっても反則にならなかったりしますね。 まあ実際に見たことはないですが、さすがにスライディングタックルすれば即ファールでしょうね。。。


退場プレーについて

退場プレー(レッドカード)をした場合には、サッカーでは二度とピッチに戻れず、11人以下で 試合を続けることになりますが、フットサルの場合は、2分後にメンバーを補充することが可能です。
1人退場したとして、10人対11人ならそれほど大きな差にならないが、4人対5人となると 1人いなくなった負荷がかなり多くなってしまうため、きっとそのようなルールになっているのじゃないかなあと思います。


4秒ルールとは?

これがフットサルを始めて、意外に一番難しいところではないかと個人的に思います。
フットサルでは、ピッチからボールが出たとき、サッカーのようにスローインはなく、キックインという形で、プレーを再開します。その場合にボールを置いてから、4秒以内にボールを蹴らないと相手のボールのなってしまうというのがこのルールです。

ゴールキーバーを除いて3人の味方の誰かにすばやく出す必要があるため、慣れていないと味方を探している 間に4秒たってしまったり、急いで蹴ろうとしてラインより内側にボールおいてキックインしたためにファールとなり相手のボールになってしまったりします。

実際に私自身もよく内側にボールをおいてキックインしてしまうことがけっこうありました。 ただ、フットサル初心者(管理人もまだまだそうですが)が参加するような大会では、多少甘く見てくれるので、 それほど心配しなくても大丈夫かなと思います。

サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | フットサル

2006年02月19日

フットサルをはじめよう

突然今までは違ったタイプの内容がこのブログにできましたが、リニューアルで単純にサッカーの何でもサイトっていう感じにしていこうというのがあり、その第一弾としてフットサルネタを載せてみました。


まずはフットサル入門ということで、フットサルに関する基本的なことについて紹介したいと思います。管理人自身はフットサルを始めて3年目でまだまだこれからという感じですが、サッカーは小6から高3までクラブに所属してやっていました。そういったサッカーの経験も踏まえ、フットサルについて解説していきたいと思います。


事前に準備するものは?

ボール
まずはこれがないと始まりませんね!
サッカーでは5号球を使用しますが、フットサルでは4号球を使用します。
フットサル用のボールは、通常のサッカーボールと比べて少しバウンドしにくいようになっています。

タンゴ アメリオレーション (4号球)   【税込価格】サッカーボールペレーダ274[PF274]   ナイキ/ティエンポクラシック/ホワイトXブラックXゴールド

シューズ
サッカーの場合は、靴底にポイントのついたスパイクで試合を行いますが、フットサルでは、スパイクのようなポイントのついたシューズは禁止されています。
一般的にフットサルシューズと呼ばれる靴底にポイントのないの運動靴のようなシューズを使用します。

ヒュンメル:バルケFH【hummel サッカー フットサルシューズ】   リーガ サラ LE 2 ホワイト×ブラック アンブロ フットサルシューズ   ADIDAS Top Sala アディダス トップサラ

その他
基本的に接触プレーはなしのフットサルといえとも、試合に出場するにはサッカーと同様にすね当てが必要です。


試合時間、選手数は?

試合時間
国際試合では前後半で40分の20分ハーフです。
また、サッカーとは違い特徴的なところは前後半に1度ずつ1分間の タイムアウトをとることができます。
ただ、実際管理人が経験したことのあるフットサルの大会では、ハイレベルな大会でないためか、前後半15分の7分半ハーフの試合をよくしています。それ以外では、ハーフなしの10分1本勝負の試合等あります。

選手数
選手数はGKを含め5人です。
ただし、試合中に何度も交代を繰り返すことができます。
サッカーでは一度交代すると、ピッチに戻ることはできませんが、フットサルは何度でもピッチに戻れるというところも バスケに近いかなと思います。


ピッチ、ゴールの広さは?

ピッチサイズ
フットサルのピッチサイズは、バスケよりもちょっと広い(?)ぐらいで約20m x 40mです。
ピッチが通常のサッカーより狭い分、自分が絡むことが多いため、初めてフットサルの試合をしたときは、予想以上にバテました。。。

ゴールサイズ
ゴールの大きさは、ハンドボールのゴールの大きさと同じで、2m x 3mです。
サッカーに比べるとゴールの大きさはかなり小さいので、あんまり点が入らないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、近くからシュートが打てる分意外に点数が入ります。
むしろフットサルのほうが点数が入ることが多いですね。

サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | フットサル

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。