デル・ピエロ |ジャンニ ジャンサンティ

デル・ピエロデル・ピエロ
ジャンニ ジャンサンティ
エクスナレッジ 刊
発売日 2002-04



とっても自然体。 2002-12-22
思っていたよりすごく自然なショットばかりです。もっとすごいもの?激しいもの?を期待している人には少々拍子抜けなぐらい。セクシーとか思わせぶりというよりも、余りにも普通の青年。
婚約者ソニアさんがものすごく小柄でかわいくてスタイル抜群なのでビックリ。早く結婚してあげて!と思ってしまいました。これほどの知名度、これほどのテクニック、これほどのプレー歴をもつ一流選手の写真集なのに、すごく芸術的とか、迫力、とかいうのではなく、全体に何ともほほえましい仕上がりになっているのはやはり写真家さんの腕でしょう。ジダンと一緒のショットはほほえましいが、中田と一緒なのは・・・ちょっと話題作りすぎるかな。唯一そこだけ、ちょっとだけ不自然だったかも。

クオリティーの高い写真集 2002-08-16
まず写真集としての質の高さに驚かされます。
単なるサッカー選手としてのデルピエロを捉えただけのものではなく、27歳の素顔の青年に戻った”アレ”の姿を自然体で映し出してくれる構成はファンにはたまらないでしょう。『いかにも』という感じの決めポーズもなく、ついでに無意味に脱ぐショットもなく(笑)幼少時代の家族写真や日本滞在中の様子等気取りの無いアレが満載で最高です。(脱がなくっても充分にセクシーですもの)
それと感心したのは、アレ自身が書いたという各コメントの部分。表現力というかモノの見方に独特の感性を持った人なんだな、と思いました。彼の芸術的とも言われるサッカーのセンスもこれらの文章から伝わって来る気がします。
迷っている方はぜひご覧になって見て下さい。後悔はしないでしょう。

Alex Del Pieroの人柄が伝わる一冊 2002-07-15
プレー中の勇姿ばかりではなく、サッカーのスーパースターでありながら、どこか思慮深げでおごった所を感じさせないデル ピエロの人柄がたっぷりと味わえる写真集です。あのバンビのような瞳で可愛らしい話し方の愛すべき若者Alexと、ピッチでの動く芸術作品のようなDel Piero、両方の存在感が写真をみるだけで伝わってきます。正直で微笑ましい本人のコメントも一読に値します。


さらに詳しい情報はコチラ≫


サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | お勧めの本

ワールドカップ 巨大ビジネスの裏側 |ジャック・K.坂崎

ワールドカップ 巨大ビジネスの裏側ワールドカップ 巨大ビジネスの裏側
ジャック・K.坂崎
角川書店 刊
発売日 2002-05



なるほど!! 2002-06-13
前著「フェアプレイ」も楽しんで読みましたが、更に文章も読みやすく、スポーツ界の裏側のお話も興味深く、とっても分かりやすかったです。ワールドカップのことだけでなく、スポーツに関係した仕事の醍醐味も手に取るように伝わってきます。さらにワールドカップが楽しめそうです。

夢の世界 2002-06-12
ワールドカップが日本で開催されるという現実そのものが、夢のようなことなのに、その夢の世界に係わり続けている人が日本にパイオニアとして存在していることに驚かされました。スポーツの裏側のドロドロとした世界はよく話題になりますが、このようなスポーツマーケティングに携わる人がいるからこそ、我々は世界的なスポーツを楽しむことができるのであるのだ…という思いに至りました。
これからそういう業界を目指す若者には必読だと思います。

共感と勇気 2002-06-12
Sportsを愛する人だからここまで、裏を公開したことに驚いた。Sportsファンとして、SportsはBusinessにためにあるにでなく、BusinessはSportsのためにある。これは、企業が顧客第一主義として大きく変わってきたことと、全く同じであり自然な発想だ。利権のみに走ると、金融バブルが崩壊したシナリオと全く同じでであり、驚いている。作者は、Sportsを愛するがゆえ、現状を公開し改善しようとしていることが痛く伝わった。 Sportsファンはもとより、多くの方が共感する人は、少なくないはずだと思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫


サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めの本

ドイツへ行こう!―2006ワールドカップ観戦ハンドブック |石井 学

ドイツへ行こう!―2006ワールドカップ観戦ハンドブックドイツへ行こう!―2006ワールドカップ観戦ハンドブック
石井 学
同学社 刊
発売日 2005-08



サッカーだけじゃないゾ 2005-09-07
「2006ワールドカップ観戦ハンドブック」のサブタイトルに違わず、サッカーに関する解説は詳しく丁寧。でもこの本はそれだけじゃない。サッカー+ドイツ通の著者は、ワールドカップ開催を機に”ドイツ大好き”人を増やしたいに違いない(?)。歴史・文化・産業・国民性など、この1冊が丸ごとドイツ!スタジアムガイドは、地図やアクセスだけでなく、その街の歴史や特徴を詳しく説明してあり、都市ガイドとしても秀逸。古くからのサッカーファンは歴代選手&監督のページに懐かしさのあまり「おォ!」と声を上げるはず。もちろん最近のファンだって、これを読めば「なるほど!」と納得。サッカーはあまり・・・という方は”ドイチェ インフォス”というコラムや”ミニ単語集”を読むだけでも楽しいかも。
 「ドイツに行きたい!」気分になります。もちろんサッカー観戦でね!

ドイツのことを知りたい人のために 2005-09-01
この本は、2006年のワールドカップ観戦のためのガイドブックと銘打っています。ドイツ語会話も少し入っています。しかし、この本の魅力は、ドイツのサッカーの歴史を一冊で知ることができること、日本のサッカーにどれだけの影響をドイツサッカーが与えてきたのかを知ることができることです。この点でとてもおもしろい本になっています。コラムもドイツ人、ドイツでの生活をよく観察していて、ドイツを知る上での最上の入門書の一つだと言っていいでしょう。
この本に、さらにホテル情報・市街地図付きの観光ガイドを買えば、来年のドイツは困らないでしょう。


さらに詳しい情報はコチラ≫


サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めの本

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。