2006年07月10日

優勝はイタリア!

とうとうワールドカップが終了してしまいました。
最後はPKでイタリアの優勝という結果でしたが、残念なのは延長後半のジダンの退場です。
真実はわかりませんが、マテラッツィが何かジダンに言ったようで、それにジダンが怒り頭付きという感じです。
ジダンの引退試合がこんなになってしまうなんて、、、

さっかくお互い厳しい戦いを経て決勝まで来たのにちょっと後味悪い試合になってしまいました。。。
ジダン、こんな終わり方で引退してしまっていいのか!

サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | ワールドカップ 2006

2006年07月02日

ベスト4が勢ぞろい!

ワールドカップもいよいよ終盤になってきました!
ベスト4に残ったのは、ドイツ、イタリア、ポルトガル、フランスです。
やっぱりヨーロッパの大会はヨーロッパの国が優勝するジンクスは続きましたね。
アルゼンチン、ブラジルの両方が消えるとは。。。
個人的にはイングランドを応援していたので残念ですが・・・

イタリアの試合以外は一応すべて生で見ましたが、フランス強いですね。
予選ではイマイチの結果でしたが、トーナメントに入ってから、スペイン、ブラジルを撃破!このまま突っ走ってしまうのでしょうか。
ジダンの最後のプレーはワールドカップ優勝という最高の舞台になるのでしょうか。ジダン自身調子をあげてきているので非常に楽しみなところです。
アンリも徐々に調子をあげている感じです。

イタリアはカテナチオ健在のようです。オーストラリア戦でマテラッツィが退場で、ネスタは怪我で出場できずのウクライナ戦でしたが余裕の3対0で勝利です。トッティはやっぱりすごい!オーストラリア戦の途中からでましたが、その存在感はさすがといったところです。
デルピエロファンには申し訳ありませんが、やっぱりデルピエロではなく、トッティじゃないとだめですね、イタリアは。

その他伏兵のポルトガルもフィーゴがラストチャンスということで気合の入ったすばらしいプレイを見せ、ホスト国ドイツもアルゼンチン戦で勝負強さを見せての勝利ともうどこが優勝してもおかしくない状況なので残りの試合が楽しみなところです。

サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ 2006

2006年06月26日

決勝トーナメント開始

ワールドカップも中盤に入り決勝トーナメントがはじまっています。
1回戦は、ドイツ、アルゼンチンが大方の予想通り勝利していました。

ドイツはキャプテンバラック、FWのクローゼ、ポドルスキとタレントもいますが、大会が始まる前まであまり高い評価ではありませんでした。
しかし、実際絶好調といったところで安定した戦いをし、1回戦もスウェーデンに2対0と勝利しました。

クローゼはいいですねー。そんなにスピードがあるわけでもなく、そんなにパワーもあるわけでもないけど、ポジションどり、ボールのキープの仕方などのうまさで今大会も得点王いきそうです。

サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ 2006

2006年06月19日

日本最終戦にわずかな希望を残す

先ほど終了した日本代表対クロアチアの試合は0対0と引き分けでした。
この試合は確実に勝たなければいけない試合でしたが、残念ながらの引き分けです。。。

この試合を見て感じたのが何か形にこだわっていて泥臭いプレーでも1点とるという気持ちが感じられませんでした。
後半も残りわずかでつないで攻めててもしかたないでしょう!?
後はこういう気候のなか精度の高いパスでまわすなんてなかなか難しいのですからもうちょっと体ごとゴールに入れるぐらいの勢いで攻めてほしかったです。
そういうことを考えると巻を出したほうがよかったんじゃないの??というのが個人的な意見ですね。

それにしてもあの川口のPKセーブはすごかった。あーまたこれで1対0とかで負けてしまうのか、、、という気持ちがよぎりました。

今日の試合を見て、テクニックとかそんなのではなくハートで戦う試合のときにしっかり戦えるのは中田、中澤・・・ぐらいかって思いました。

もう日本が予選突破するには、この後のブラジルとオーストラリアの試合でブラジルがボロ勝ちして、日本戦はスタメン総入れ替えぐらいしかないですね・・・

サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ 2006

2006年06月16日

マラドーナの再来!メッシー衝撃デビュー

たった今ワールドカップCグループのアルゼンチン対セルビア・モンテネグロの試合は圧倒的な力の差を見せつけ6対0でアルゼンチンが勝利しました。

その試合で若干18歳のリオネル・メッシが衝撃のデビューを果たしました。後半途中から出場し、1ゴール1アシストの活躍を見せました!
すばらしい!やはり能力もそうですが、スター性のある選手はやはりこういう大舞台で見せてくれます。
今回のワールドカップはメッシの大会になると言っている人もいてますが
本当にそうなりうる活躍を見せてくれました。

メッシのプロフィールはこちら

サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(5) | ワールドカップ 2006

2006年06月13日

日本代表完敗・・・

ワールドカップも大会4日目になり、いよいよ日本代表の試合ということで今日は気合入れてみていましたが、たった今3対1でオーストラリアに負けました。

正直がっかりした試合でした。。。完全に監督の采配で負けたという感じです。あまりにもがっかりした結果で今日はたくさん愚痴ります!
後半38分まで勝っていて、3対1で負ける!?ありえないです!!
ヒディング対ジーコは、9対1でヒディングの勝ちって感じです。

試合見ながら後半20分ぐらいからみんなバテバテになってきたから誰か選手入れろよ!柳沢も高原もバテバテだったし。
だから大黒早く入れろよ!ってずっと思ってました。それで34分ぐらいにやっと選手入れたと思ったらなんでこの場面で小野??それで中田は1.5列目??守るのか攻めたいのかはっきりしろよって感じですね。守るなら遠藤にするとか。。。

そして5分後、川口の不用意な飛び出しで1点入れられる。そこでまだ動かず同点狙い??そして44分に2点目の失点。
そこで大黒を投入??
なんで残りわずかな時間で茂庭に代えて大黒投入??その場面では時間ないのだからクロスをバンバンあげてゴールを狙いに巻とか中澤を前線にあげてクロスで勝負じゃないのか・・・

なんかヒディングが勝負に出て点取りにきた采配の時点で何か嫌な予感がしていましたが、残り数分で3失点とは、、、
オーストラリアもバテバテでしたが(むしろ日本よりバテバテで日本の右サイドとかガラガラに空いていました)、勝負にでたヒディングの采配で元気な選手が効果的に使われていたと感じました。
ほんと歯がゆい試合(采配?)でした。。。

とりあえずもう次に切り替えて、クロアチア戦は絶対に勝ってほしいところです。

サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ 2006

2006年05月22日

ブラジル代表メンバー

まさに死角なしです。スタメン以外のメンバーで、もう1チーム作っても相当強いチームになる気がします。
これはまさかの2大会連続優勝もありますね。

<GK>  
ジーダ(ミラン)   
ジュリオ セザール(インテル)  
ロジェリオ セニ(サンパウロ)    
<DF>  
カフー(ミラン)   
シシーニョ(レアル・マドリー)   
ルシオ(バイエルン・ミュンヘン) 
ジュアン(レバークーゼン)   
ロベルト カルロス(レアル・マドリー) 
ジウベルト(ヘルタ・ベルリン)    
クリス(リヨン)   
ルイゾン(ベンフィカ)  
<MF>
エジミウソン(バルセロナ) 
ジュニーニョ ペルナンブカーノ(リヨン)   
エメルソン(ユベントス)    
ゼ ロベルト(バイエルン・ミュンヘン)   
ジウベルト シウバ(アーセナル)   
カカ(ミラン)
リカルジーニョ(コリンチャンス)    
<FW>
ロナウド(レアル・マドリー)    
ロビーニョ(アル・マドリー)  
ロナウジーニョ(バルセロナ)    
アドリアーノ(インテル)  
フレッジ(リヨン)

サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ 2006

2006年05月16日

スペイン代表メンバー

スペイン代表が以下のメンバーで決定しました。
個人的にはモリエンテスが選ばれたほしかったですが、残念ながらメンバーからはずれていました。
システム的にワントップ気味のスリートップであるためか、FWは3人と少なめです。
ラウルなどレアルでは1.5列目でプレーしていますので、フェルナンド・トーレスとビジャにかなり頼る部分が大きくなりそうな感じがします。


<GK>
イケル・カシージャス(レアル・マドリー)
サンティアゴ・カニサレス(バレンシア)
ホセ・レイナ(リバプール/イングランド)

<DF>
カルロス・プジョル(バルセロナ)
カルロス・マルチェナ(バレンシア)
ミチェル・サルガド(レアル・マドリー)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
パブロ・イバニェス(アトレティコ・マドリー)
ファニート(ベティス)
デル・オルノ(チェルシー/イングランド)
アントニオ・ロペス(アトレティコ・マドリー)

<MF>
シャビ(バルセロナ)
セスク・ファブレガス(アーセナル/イングランド)
シャビ・アロンソ(リバプール/イングランド)
アルベルダ(バレンシア)
アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
ホアキン・サンチェス(ベティス)
ルイス・ガルシア(リバプール/イングランド)
レジェス(アーセナル/イングランド)
マルコス・セナ(ビジャレアル)

<FW>
ラウル・ゴンサレス(レアル・マドリー)
ダビド・ビジャ(バレンシア)
フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリー)

サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ 2006

2006年05月12日

スウェーデン代表

オランダ代表などベテラン選手が代表からはずれるなか、スウェーデンは
ラーション、ダニエル・アンデションなど調子の良いベテラン選手が代表入りしていました。


<GK>
アンドレアス・イサクソン(レンヌ/フランス)
ヨーン・アルフボーゲ(ビボア)
ラミ・シャーバン(フレドリクスタッド/ノルウェー)

<DF>
エリク・エドマン(レンヌ/フランス)
ペター・ハンソン(ヘーレンフェーン/オランダ)
テディ・ルチッチ(BKハッケン)
オロフ・メルベリ(アストン・ビラ/イングランド)
カール・スベンソン(IFKイエーテボリ)
ミカエル・ニルソン(パナシナイコス/ギリシャ)
フレドリク・ステンマン(バイヤー・レバークーゼン/ドイツ)

<MF>
ダニエル・アンデション(マルメ)
二クラス・アレクサンデション(IFKイエーテボリ)
キム・シェルストレーム(レンヌ/フランス)
トビアス・リンデロート(FCコペンハーゲン/デンマーク)
クリスティアン・ビルヘルムソン(アンデルレヒト/ベルギー)
アンデシュ・スベンソン(エルフスボリ)
フレデリク・リュングベリ(アーセナル/イングランド)

<FW>
マルクス・アルベック(FCコペンハーゲン/デンマーク)
ヨハン・エルマンダー(ブレンビー/デンマーク)
ズラタン・イブラヒモビッチ(ユベントス/イタリア)
マティアス・ヨンソン(ユルゴーデン)
ヘンリク・ラーション(バルセロナ/スペイン)
マルクス・ローゼンベリ(アヤックス/オランダ)


サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(2) | ワールドカップ 2006

イングランド代表メンバー

イングランドの代表メンバーが発表されました。
オーウェン、ルーニーに続くワンダーボーイでしょうか、アーセナル所属の17歳のウォルコットがメンバーに選ばれました。
個人的にはクラウチの活躍に期待しています。


<GK>
ジェームズ
グリーン
ロビンソン

<DF>
テリー
ブリッジ
カラガー
ファーディナンド
G・ネビル
A・コール
キャンベル

<MF>
J・コール
ランパード
ジェラード
ベッカム
カリック
ジェナス
レノン
ハーグリーブズ
ダウニング

<FW>
クラウチ
ルーニー
オーウェン
ウォルコット



サッカー選手名鑑ならこちら
posted by サッカー野郎 at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ 2006

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。